2013.10.11

松本城

また、松本城です。

131011matsumoto01l

年1ペースで松本城へ来ていますが、今回も知人を信州案内なのです。

131011matsumoto02

今週末の3連休は信州・松本そば祭りが開催されるようです。

131011matsumoto03l

今年は未だに秋らしくなくて困る。

131011matsumoto04l

紅葉した頃にもう一度遊びに行こうと思います。

|

2013.04.18

北アルプス、ヤナバスキー場前駅

なんだか暑くなってきましたが、涼しげな写真を。

3月の北アルプスです。

↓画像クリックで拡大されます130330kitaazumi01l

白馬から鬼無里へ続く国道406号線の峠道からの景色です。

これは白岳沢かな?

↓画像クリックで拡大されます130330kitaazumi02l

五龍岳。 手前下に見えるのは白馬五竜スキー場。 たぶん。

↓画像クリックで拡大されます130330kitaazumi03l

唐松岳だと思う。

↓画像クリックで拡大されます130330kitaazumi04l

白馬岳はもっと北側 (写真で言う右側) なのでここからは見えません。 ちなみに、白馬岳は 『しろうまだけ』、白馬村は 『はくばむら』 と読みます。


白馬から南下して仁科三湖の一つ、青木湖です。

↓画像クリックで拡大されます130330kitaazumi05l

この湖岸を、JR大糸線が走っているのですが・・・

130330kitaazumi06

こんなところに駅があります。

130330kitaazumi07

ここはヤナバスキー場前駅。
スキーシーズンのみ列車が停車する臨時駅です。

130330kitaazumi10

その名の通り、ヤナバスキー場のための駅でして、駅から国道148号線をくぐるとスキー場があります。

130330kitaazumi08

同じタイプのスキー場前臨時駅には、上越線・上越新幹線の 『ガーラ湯沢駅』 があります。

130330kitaazumi09

ただでさえ本数の少ない大糸線で、この臨時駅での乗下車は難易度が高いように思います。

|

2013.04.02

志賀、渋、諏訪

3月に志賀高原へスキーをしに行った時のやつ。 焼額山です。

130401shinshu01

夜は、昨年と同じく渋温泉で宴会。 そしてまた射的。

130401shinshu02

渋の温泉街はなかなか良い雰囲気なので好き。
ただし外湯は激熱いです。 (゚A゚;)

130401shinshu03

翌日は横手山。 滑り始めたら気温が+7度から-5度に急冷、ガス&アラレ顔面強襲で滑走断念。

130401shinshu04

あきらめて別所温泉で、ひとっ風呂。 ( ´∀`)


さらに翌日、上諏訪温泉 片倉館千人風呂でひとっ風呂 ( ´∀`)

片倉館は1928年(昭和3)竣工の国重文。
戦前に製糸業で財を成した片倉一族が従業員や地域住民の福祉施設として建設したもので、今でも現役の公衆浴場です。

明治期には世界一の生糸生産地であった岡谷・諏訪地域の栄華を偲ぶことができます。

130401shinshu05

この千人風呂は深さ1.1mの玉砂利敷き湯船なので、お子様連れの場合はお気をつけください。

千人風呂、といっても百人くらいが限度の湯船ですが、これが昭和初期に造られたかと思うと、凄いものです。

|

2013.03.27

白馬ジャンプ競技場

2月の話ですが、久しぶりのスキーで信州へ行ってきました。

ここは白馬村の白馬ジャンプ競技場、左がノーマルヒル・右がラージヒルです。

130320hakuba01

1997年の長野オリンピックで使用されたこのジャンプ台は、リフトに乗ってスタート地点を見学することができるのです。

130320hakuba02

国内でノーマル・ラージ双方を備えるスキージャンプ競技場は、ここ白馬と札幌の2箇所だけでして、札幌の宮の森(ノーマル)大倉山(ラージ) は1972年の札幌オリンピック時に建設されたものです。

130320hakuba03

リフトから降りて、タワーのエレベータに乗るとこんな景色。
手前の輪っかは五輪シンボルです。

130320hakuba04

とりあえずラージヒルのスタート地点へ。

130320hakuba05

こんな感じで登ります。

130320hakuba06

で、これがラージヒルスタート地点。

え・・・ ここから跳ぶの?

↓画像クリックで拡大されます130320hakuba07l

鬼無里方面の山々が美しく・・・
って、ここから飛び降りるスポーツって、一体何なんだ?

↓画像クリックで拡大されます130320hakuba08l

そして次はノーマルヒル。

全然ノーマルじゃないと思うよ。

130320hakuba09

下りのリフトからみたラージヒル。
曲率が変わるところがK点らしい。 死ぬだろ、これ。

130320hakuba10

白馬ラージヒルのレコードは岡部選手の140mだそうで。

130320hakuba11

まとめ ; ジャンパースゴイ。

130320hakuba12

|

2012.07.19

安曇野、それから松本。

美濃へ越して一年あまり、美濃の人たちが

『蕎麦のウマイ・マズイがよくわかんない』

などとのたまうので、彼らを案内して久しぶりの信州・安曇野へ。

120719azumino01

安曇野の老舗蕎麦屋を喰らわせてやったところ、非常に満足していただけたようで何よりでした。

というか、蕎麦よりも山葵に感動しておりました。

安曇野の山葵&蕎麦の組み合わせは極上なのですよ!

-------------------------------------------------------

蕎麦食って、大王わさび農場→松本城へ。

120719azumino02

ところで、今回の写真はNikonアウトレットで購入した型落ち修理品コンデジ、COOLPIX P300

シャッター速度・絞りのダイヤルが独立してて操作性はなかなか。
もちろん、画像細部のシャープネスや高感度のノイズ、オートフォーカス速度は一眼レフに劣りますが、順光静止物のスナップなら充分です。

撮影の難しいシチュでの画像はまた後日。

|

2012.03.06

渋・小布施・安曇野

半月ほど前ですが、渋温泉に行ったときの写真。 激寒。

120306shibu01

移住後16年ぶりの東海地方の冬は、長年住んだ信濃の晩秋程度の気温までしか下がらないので違和感が凄かったのですが、久しぶりの氷点下10度でようやく冬を実感しました。

120306shibu02

小布施、北斎館のあるらへん。 栗落雁おいしいです。

120306shibu03

安曇野満願寺。

120306shibu04

満願寺は山門までは何度も来てるのに、一度も参詣したことがなかったりします。
そして今回も同伴していた友人に急用が入り参詣できず・・・

雪解けの頃にまた来よう。

|

2011.03.06

飯山雪祭り

野猿公苑の帰りに、飯山市のいいやま雪まつりに行ってきました。

110312iiyamayukimatsuri01

メイン会場の雪像たち。

110312iiyamayukimatsuri02

2014年に、飯山経由で長野~金沢へ延伸される北陸新幹線 (現長野新幹線) 関係のネタが多く見られます。

110312iiyamayukimatsuri03

この消防士はアンパ・・・

110312iiyamayukimatsuri04

飯山線のキハ100系も。
この手のイベントは、見る側よりも参加する側の方が100倍楽しいんだよな・・・

110312iiyamayukimatsuri05

これまた新幹線。 E2系?

110312iiyamayukimatsuri06

このマスコットキャラは・・・何?

110312iiyamayukimatsuri07

----------------------------------------------------------

市街地にも雪像がたくさんあります。

110312iiyamayukimatsuri08

ドラえもん・・・らしきモノ。 今日は暖かかったからなー。

110312iiyamayukimatsuri09

オバQ。

110312iiyamayukimatsuri10

3本毛に大根を使ったアイデアに座布団1枚。

----------------------------------------------------------

JR飯山線の飯山駅。 雪灯籠が・・・

110312iiyamayukimatsuri11

駅にも巨大雪像があります。

110312iiyamayukimatsuri12

ヤマト。 主砲は溶けちゃったみたいです。

110312iiyamayukimatsuri13

タイガーマスク伊達直人滑り台。

110312iiyamayukimatsuri14

飯山駅ホームには鐘楼があって撞き放題だったりします。

110312iiyamayukimatsuri15

そういや、飯山駅は下車したこと無いな。

----------------------------------------------------------

市街をブラブラと。

110312iiyamayukimatsuri16

除雪車だ。

110312iiyamayukimatsuri17

豪雪地帯の街、がんばれ。

|

2011.03.05

地獄谷野猿公苑 02

あの人だかりのところが湯船かな?

110309jigokudani01

人と猿の間を抜けると入浴猿。 想像以上に猿との距離が近いです。

110309jigokudani02

なにこの極楽状態。 (´∀`*)

↓画像クリック拡大
110309jigokudani03l

↓画像クリック拡大
110309jigokudani04l

↓画像クリック拡大
110309jigokudani05l

猿たちのマイペースっぷりが凄い・・・。

110309jigokudani06

足下を猿がテクテク歩いてる。

110309jigokudani07

猿に触れたり物を渡したりする人はいませんし、猿が人に触れたりすることもありません。

110309jigokudani08

人と猿の間に暗黙の協定が結ばれている絶妙な状態です。

110309jigokudani09

この中立状態が保たれているのは、猿たちの高い統制力による物か?

110309jigokudani11

この猿たちは、公苑係員の人が蒔いた麦粒なんかを拾っているみたい。

110309jigokudani10

小猿のじゃれ合いは、レベルが高いなー。

110309jigokudani12

猿の社会学ってのも面白そうです。

110309jigokudani13

----------------------------------------------------------

いやー、野猿公苑は予想以上に面白かった!

110309jigokudani14

来てみて損はないですよ!

行けない方はライブカメラでどーぞ

|

2011.03.01

地獄谷野猿公苑 01

地獄谷野猿公苑に行ってきました。

110305jigokudani01

地獄谷温泉は志賀高原・山ノ内町の秘湯。 そして、野生のニホンザルが温泉に浸かっているのを観察できることから 『Jigokudani Monkey Park -Snow Mokeys-』 として世界的に有名な場所です。

場所はこちら。


もっとデカい地図で表示→ 地獄谷野猿公苑

冬期は閉鎖ルートが多く、この時期は上林温泉から徒歩で地獄谷へ向かうことになります。

----------------------------------------------------------

雪の林道を20分ほど歩きますので、スノーシューかトレッキングシューズをオススメします。 スニーカーでも行けなくはないけど。

110305jigokudani02

道は平坦なので特に疲れることはありませんし、観光客としばしばすれ違うのでお散歩気分で歩きます。

すれ違う客の半数は外国人、よくこんな所まで来るもんだな・・・
コニチワー( ・∀・)ノ ヽ(・∀・ )コニチワー

----------------------------------------------------------

で、地獄谷温泉に到着。
左側に見えるのは、唯一営業している温泉宿・後楽館
この宿に泊まると、猿と一緒に入浴できる場合もあるとか・・・

110305jigokudani03

間欠泉があります。 国天然記念物の『渋の地獄谷噴泉』です。

110305jigokudani04

飛沫が凍ってこんな状態に!

110305jigokudani05

画角が足りなくて見えませんが、氷がドーム状に噴泉を覆っています。

110305jigokudani06

上から見るとこんな感じ。

110305jigokudani07

地獄谷は秘湯じゃ。↓画像クリック拡大

110305jigokudani08l

----------------------------------------------------------

後楽館から5分ほど階段を登ると野猿公苑入り口。 入苑料\500です。

110305jigokudani09

入苑すると注意書き。
ここの猿は餌付けされているとはいえ、あくまで野生なのです。

110305jigokudani10

なんか、ほわほわ動いてる・・・

110305jigokudani11

え・・・!? こんな状態なの!?

110305jigokudani12

想像以上に猿ですよ。

110305jigokudani13

                        / /
                        / /
                     /三ミ} フ
                    r'"rニニ`〈
                   .| rニ~~` }    そんなことより野球しようぜ!
                   j (_)  /
     _,.-‐‐‐-'ヽ.      /  ,A_  ヽ.
   /,.--‐‐‐、  ヽ.    /  /  |  ヽ.
  / / />  ヽ ,..、ヽ /   /   |   ヽ.
  /‐┘/,.-、   ! | 6)/    /  __|   ヽ
  !ニ=_"iO ヽ   ヾ/    ./‐-'"i iZ    }
  !TOヽヽ、_ノ __ /|__   / { ヽ ヽヾZ   /
  ヽヽ_ノC /ン|   L  /___ヽ ヽヽ _>‐'"
   ヽ (∠ン´| ヽ、_.ク   _ ヽ、/
    `ー/| ヽ、__ /_/  _ |
      | ヽ、_. /   _/   _|

つづく。

|

2011.02.28

氷の世界03 御三甕の滝

今度は南相木村、『おみかの滝』。

110302iced01

おみかの滝はここ。 前回の三滝山の南西5kmくらいの場所です。


もっとデカい地図はこちら→ 御三甕の滝

----------------------------------------------------------

滝へ下るルートはいくつかあるみたいなのですが、とりあえず川下に駐車して徒歩で向かいます。

110302iced02

遊歩道のトンネル途中に祠が。

110302iced03

おお、ここからだと滝が正面に見える!

110302iced04

凍ってるー!! ヽ(゚∀゚)ノ

110302iced05

氷の内側には水が流れているようですが、氷壁に隠れて見えません。

↓画像クリック拡大
110302iced06l

滝に沿って遊歩道を登ります。

110302iced07

・・・なんか廃道っぽいルートに突入。

110302iced08

狭い・・・ ('Д`)

110302iced09

道が氷に覆われていてここで終了。

110302iced10

このツルツル斜面を滑り落ちると、ここに落ちて滝壺→他界。

110302iced11

この滝が『おみかの滝』と呼ばれるのは、嫁殺しの説話によります。

昔、おみかという美しい娘がある家に嫁いできましたが、その家の姑はおみかを憎み、彼女を騙して滝壺に突き落として殺してしまいます。
死んだおみかはその身を泥鰌と化し、恐れた姑はおみかの霊を祀り、以来この滝は『おみかの滝』 と呼ばれるようになりました。

----------------------------------------------------------

雪解けの頃には、さぞかし・・・。

110302iced12

おわり。

|

より以前の記事一覧