« April 2015 | Main | January 2016 »

2015.05.25

フランス 05 その他

残りの画像を適当に上げていきます。

地下鉄の改札。
パリの地下鉄は出口改札がないので、キセル対策でゲートが厳重にできてます。

150525france01

セーヌ川中州のシテ島にある、シテ駅。

150525france02

スナックの自販機もあります。 トイレはないけど。

150525france03

オヴェール=シュル=オワーズ。 連れて行かれただけ。

150525france04

ルーアンのノートルダム大聖堂。

150525france05l

ロワールのシュノンソー城。
シェール川に架橋されたような城です。

150525france06

城内部。

150525france07

ナウシカの地下室っぽい。

150525france08

シャルトル大聖堂。

150525france09

宗教パワーは古今東西スゴイ。

150525france10l

ヴェルサイユ宮殿、ご存じ鏡の間。

150525france11

これはギロチン不可避。

150525france12

ルーブル美術館のモナリザ(中央奥)。
もはや芸術どころではない。

150525france13

サモトラケのニケ。
ギリシアはスゴイよね、紀元前までは。

150525france14

ハンムラビ法典。 日本の中学生男子は、曲解した報復の精神をこれによって学ぶのです。

150525france15

ルーブル・ピラミッドの前、FA-MASで武装した兵士。
テロがあった割りには、兵士はここでしか見ませんでした。

150525france16

フランクフルト空港にて、Lufthansa系LCC germanwings Airbus319。
フランス滞在中にコパイが落っことした機体の兄弟機。

150525france17

おわり。

|

2015.05.17

フランス 04 Catacombes de Paris

パリの地下墓地、カタコンブに行ってみます。

メトロ4&6号線のダンフェール=ロシュロー駅で下車。

150516france01

下車してすぐの広場に入り口があるのですが、意外と行列・・・
たぶん、中が狭い&空調能力の都合で入場ペース制限してるんだと思います。

150516france02

ここはセーヌ川左岸(南側)。 観光の中心部からはやや外れていますが、地下鉄で簡単にアクセスできます。

なお、『カタコンベ』は独・伊読みで、仏語では『カタコンブ』なのです。

ゲートで料金を払って螺旋階段をグルグル下ります。

150516france03

20mほど下って横穴へ。
横幅1m弱くらいの通路をカツカツ歩きます。

150516france05

ところどころに碑文。

150516france04

この碑文は、いつ・どこから遺骨が搬入されたかを記録したもの。

というのも、パリのカタコンブの成り立ちはこんな感じなのです。

12世紀頃、市街中心部の教会に墓地ができる (土葬)
  ↓
人口が増加する
  ↓
17世紀頃、埋葬ペースが墓地の分解能力を超える
  ↓
土壌汚染がえらいことになる
  ↓
仕方ないので墓地を郊外への移転を計画する
  ↓
放棄された地下採石場跡を使えばいいんじゃね?
  ↓
18世紀、遺骨をガンガン搬入する
  ↓
広大な地下墓地ができあがる
  ↓
この骨、きれいに並べたらカッコよくね?
  ↓
カタコンブ (^o^ )

150516france06

井戸。 (Bain de  pieds des carriers = 石工の足湯)

150516france07

えらく天井の高いところへ出ます。

150516france08

ホールを抜けるとゲート、ここから遺骨ゾーンです。
(MEMORIE MAJORUM = ラテン語で先祖の記憶)

150516france09

これらの骨は固定されているわけではなく、ただ積んであるだけ。

150516france10

ひたすら骨。

150516france11

頭蓋骨と大腿骨がほとんどです。

150516france13

骨の積み方にもいろんなパターンがあります。

150516france14

オサレ系。

150516france12

トラスフォーム系。

150516france15

几帳面系。

150516france16

こだわり系。

150516france19

途中で飽きた系。

150516france17

ワンポイント系。

150516france18

柱を飾ってみたよ系。

150516france20

延々と骨を見せられるので、気味が悪いとかそういう気分は途中から消滅します・・・

150516france21

また螺旋階段をグルグル登って地上へ。

出口は、入り口から南南西1kmほどの路地裏です。

150516france22

そのまま骸骨グッズのお土産屋に収容されるカラクリ。

|

2015.05.03

フランス 03 Mont Saint-Michel

モン・サン=ミシェル修道院。

特に説明する必要がないと思うので淡々と上げます。
知らない奴はググれ。

150502france01

モン・サン=ミシェルはパリから直線距離で300km弱、バスを4時間くらいブッ飛ばします。

150502france02

夕刻の到着、島内のホテルに宿泊します。

150502france03

島内に数軒のホテルがありますが、古く狭いホテルなので快適とは言いづらいです。

150502france04l

夜は人がほとんどいないので、ウロウロしているとRPGの世界に迷い込んだような気分になります。

150502france05

150502france06

150502france07


翌朝。

モン・サン=ミシェルはもともと満潮時には島、干潮時には砂州で陸続きになる場所。
19世紀に道路が建設されて常時島との行き来ができるようになりましたが、道路の影響で島の周囲が干拓化されてしまったため、2014年に新たな橋が建設されました。

150502france08

右手の建物は俺が泊まったホテルです。 寒かった・・・

150502france09

この日の午前中、18年ぶりの大潮で橋が水没して島への交通が遮断されました。

150502france10

渡れない人々。

150502france11

入り口ゲートも水没しました。

150502france12

150502france13

なんかトレーラが人垣をかき分けて来た。

150502france14

水陸両用車だ・・・

150502france15

150502france16

外から人が入ってこられないので、空いてます。

150502france17

修道院を見学。 空いてて快適。

150502france18

てっぺんから見下ろす。

150502france19l

そろそろ潮が引いてきたみたいで、チャレンジャーがアタックしてます。

150502france20

陥落しそう。

150502france21l

陥落した。

150502france23

修道院内部、空中庭園。

150502france22

見学し終わった頃には人だらけに。

150502france25

遠足っぽい。

150502france24

島内をぶらぶら。 迷宮みたいでオモシロイ。

150502france26

武器屋もある。

150502france27

メインストリート。

150502france28

余談ですが、名物のオムレツは大して美味くないゾ。

150502france29

|

« April 2015 | Main | January 2016 »