« CASIO H20G | Main | 旧国鉄篠ノ井線廃線敷 »

2010.12.19

HOLUX M-241c

歳末無駄遣いキャンペーン第2弾、HOLUX M-241c GPSロガー

101219holux01_3

ここ数年でダウンサイジングと低価格化が著しいGPSレシーバです。

Amazonで\7,455、ドライバ・専用アプリ・スーパーマップルデジタル・USBケーブル・電源供給用シガーソケット付属でかなりオトクです。

付属のHOLUX ezTour for Loggerでログデータを吸い出すと、GoogleMapと連動してこんな感じで表示されます。

101219holux_map01

拡大するとこんなん。

101219holux_map02

html/mhtファイル出力も可能です→ 101218.mht表示
セキュリティブロックされる場合は許可してやって下さい。

・・・Google Maps API で表示する根性がありません。すんません。

-------------------------------------------------------------

7,8年ほど前にGARMINのeTrexを使っていたことがあるのですが、当時のそれと比べると感度がかなり上がっていて、コールドスタートでも数十秒で衛星を捕捉してくれます。

車のシガーソケットに繋いでおくと、エンジンスイッチon時に自動起動、off時に自動シャットダウンしてくれますので、車載しておくのに都合が良いです。 (ちなみにアルカリ単3乾電池の場合は12時間稼働)

また、gpxファイルにエクスポートすればスーパーマップルデジタルにも表示可能、山岳地帯を移動すると高度変化が分かってオモシロイす。

101219holux_map03

記録可能なポイントは130,000で、一定時間ごとor一定移動距離ごとに記録が取れます。 例えば10秒ごとにログを取るように設定すれば 361時間(15日間)のログを記録できるので、メモリ不足に陥ることはほとんど無いと思います。

欠点は、電源が切れると移動距離の積算がリセットされることかな。

-------------------------------------------------------------

ちなみに上のログは、安曇野市明科の旧国鉄篠ノ井線廃線跡、漆久保トンネルです。

101219holux02

この件に関してはまた後日。

----------------------------------------------------------

追記 HOLUX M-241cを活用した記事へのリンク。

冬の道北、礼文島・サロベツ原野 01

冬の道北、礼文島・サロベツ原野 13

後日、さらに追記予定です

|

« CASIO H20G | Main | 旧国鉄篠ノ井線廃線敷 »

コラム」カテゴリの記事