« May 2009 | Main | July 2009 »

2009.06.29

vibgyor

090629vibgyor01

バイクのチェーン・スプロケ・ バッテリー交換で金が飛ぶ。

15年前のSERROW、致命的故障がでないのは流石というべきか。

|

2009.06.23

南極観測船・宗谷

羊蹄丸の隣に係留されている、日本初の南極観測船宗谷です。

090617soya01

宗谷の経歴は以下の通り

1938年 旧ソ連向け耐氷型貨物船『ポロチャエベツ』として長崎で進水
1938年 第二次大戦前夜の世界情勢のためソ連引き渡しを中止、貨物船『地領丸』として竣工
1939年 海軍省に引き渡される
1940年 海軍特務艦『宗谷』に名称変更
1942年 太平洋戦争、海軍陸戦隊輸送のためガダルカナルへ出港
1943年 米軍潜水艦の魚雷が命中するも不発、機雷で反撃し、これを撃沈する
1945年 終戦。船舶運営会所属となり、樺太からの引き揚げ者輸送に従事
1948年 引き揚げ業務終了、輸送者総数は約19000名
1949年 前年設立された海上保安庁へ移管、灯台業務線LL101『宗谷』となる
1955年 南極観測船に決定、第三管区海上保安本部巡視船PL107『宗谷』となる
1956年 南極観測船へ改造、11/8 第1次南極観測のため東京港を出港
1957年 昭和基地建設
1957年 第2次南極観測へ出港
1958年 悪天候により越冬を断念、タロ・ジロら樺太犬15頭を昭和基地に残す
1959年 第3次観測隊がタロ・ジロの生存を確認
1962年 第6次観測隊帰還、観測船業務を砕氷艦『ふじ』へ譲る
1963年 第一管区海上保安本部へ移管、北洋警備に従事
1978年 解役。 通算海難救助出動300件以上、救助船125隻、救助人数約1000名
1979年 船の科学館にて一般公開

別名『北の守り神』、歴戦の勇者すぎる・・・

--------------------------------------------------

船内通路。

090617soya02

機関長室と隊員装備。

090617soya07

船員室のラクガキ。 78年解役時のメッセージか・・・

090617soya03

--------------------------------------------------

樺太犬たちの犬小屋。 暑さに弱い彼らのためにエアコン付き。

090617soya04

稚内で訓練された彼ら、ですね。

稚内と東京で同じ歴史を見学できるのがなんだか不思議な感じ。

--------------------------------------------------

ブリッジの操舵輪と羅針盤。 カッコイイ。

090617soya05

この時代の船は伝声管がまだ使われていました。

--------------------------------------------------

波瀾万丈の歴史を持つ宗谷、これからも保存していきたいものですけれども、老朽化が激しいため多額の修復費用が必要なようです。

090617soya06

みんな、船の科学館ロビーの募金箱に募金しようぜ!

|

2009.06.21

青函連絡船羊蹄丸・船の科学館

日本科学未来館から徒歩5分、フローティングパビリオン羊蹄丸が係留されています。

090616youteimaru01

これで見学可能な青函連絡船、摩周丸八甲田丸・羊蹄丸をコンプリートです。

090616youteimaru02

船内には、昭和30年代の青森駅前を再現した『青函ワールド』。

090616youteimaru03

DD10機関車とスハフ44客車が見られます。

090616youteimaru04

ここまで気合いを入れる理由がよく分かりませんが、なかなか良いです。

090616youteimaru05

---------------------------------------------------

甲板。

090616youteimaru06

ブリッジには親切なボランティアガイド船長さん。

090616youteimaru07

---------------------------------------------------

羊蹄丸から徒歩数分で羊蹄丸の所属する船の科学館です。

090616youteimaru08

---------------------------------------------------

こちらは三菱UEディーゼル実験機関。

全高約9.5m、重量195t、出力3700馬力の3気筒モンスターディーゼルターボエンジンは1953年製です。

090616youteimaru09

男子はこーゆーのが好きなんです。

---------------------------------------------------

船の仕組み・歴史の他に、海上保安庁関連や領土・領海関連の展示もあります。

自衛隊と共に日本を守る、頼もしき漢達。

090616youteimaru10

実は館内に海保の信号所があるので当然と言えば当然です。

そしてもちろん軍艦もあります。

090616youteimaru11

さらに潜水艦コーナー。

090616youteimaru12

潜望鏡で実際に外の景色を見られます。

090616youteimaru13

ガンダム・・・

090616youteimaru14

---------------------------------------------------

甲板から、羊蹄丸と宗谷。

090616youteimaru15

もちろんガンダムも見える。

090616youteimaru16

森に立つなら、陸戦型ガンダムの方が似合うと思うな。

南極観測船宗谷編へつづく。

|

2009.06.18

Terminator

えーと、すっかりガンダムに持って行かれましたが、お台場へ行った本来の目的は日本科学未来館にターミネーター展を見に行くことだったのです。

090614terminator01

開館時刻ちょうどくらいに行ったら、100名くらいの行列が・・・
と思ったら、殆どが 『お化け屋敷で科学する!-恐怖の研究』 狙いのちびっ子達だったので一安心。

---------------------------------------------------

ターミネーター直撃世代にはたまらんぜよ。

090614terminator02

T1が84年、T2が91年公開だから基本的におっさん世代ファンが多い。

↓クリック拡大です

090614terminator03l

T2のラスト、左腕がちぎれた州知事 T-800です。

090614terminator04

これはT2オープニングの炎に包まれたT-800頭部のシーンで、実際に撮影で使われた物。

090614terminator05

TVドラマ版 サラ・コナー・クロニクルズのTOK715型、キャメロン・フィリップス。

090614terminator06

---------------------------------------------------

T4に出てくるらしいモトターミネーター。 ベースはドゥカティだそうな。

090614terminator07

こちらもT4から、旧式のT-600。

090614terminator08

フラッシュ禁止の暗い会場では一眼レフの高感度が威力を発揮するぜ。

T-800/850 の骨格が鍛造なのに対し、T-600は鋳造パーツ。

↓クリック拡大です

090614terminator09l_2

---------------------------------------------------

彼女はターミネーターではありませんが、上半身と表情がウネウネ動いて喋くります。

090614terminator10

---------------------------------------------------

キャタピラ式のT-100。 T3で出てきたT-1の発展型です。

ガトリングがカッコイイ。

090614terminator11

ターミネーター展は6/28まで。

---------------------------------------------------

科学未来館の常設展では本田技研のアシモの実演を見学できるのですが、運悪く現在メンテナンス中とのこと。

こいつはアシモの展示用モデルで、手前のお姉さんは生身です。

090614terminator12

インターネット物理モデル。 ビットをピンポン球に例えて通信を行っています。

090614terminator13

他にもISSやカミオカンデのモデル、超伝導体実演などなど。

090614terminator14

理系文系問わず楽しめるトコロ。

次回、『青函連絡船羊蹄丸&船の科学館』編へつづく。

|

2009.06.16

ガンダム効果

前回のガンダムの件ですが、うちの画像とリンクが @niftyニュース ココログニュースに貼られたため、アクセスカウンタが気味の悪いことになっています。

2009年6月15日(月)17時0分、ニュースが配信。

090616gundamaccess01

17時、俺の写真撮影技術が初めて世に認めらた瞬間です。 ガンダムのおかげで。

そして今日21時現在。

090616gundamaccess02

コメント無し・トラックバック無し・相互リンク無しの弱小ヒキコモリブログにしては異常と言える数値を叩き出しています。

みんな、ガンダム好きだなこの野郎。 ( ´∀`)σ)Д`)

---------------------------------------------------------

画像が引用されているのは以下の利用規約のため。

9.ユーザーが作成したココログの記事等に係わる著作権は、原則としてユーザーに帰属します。ただし、ユーザーは、ニフティが、以下の範囲内で、ユーザーが作成したココログの記事等の利用を行うことを無償で許諾します。
(1)ココログの広告・宣伝、利用促進の目的の範囲内で、ココログ上のテキスト、画像等の情報(メタデータ(RDF Site Summary形式等)で配信された情報を含み、以下「情報」といいます。)を、ニフティが管理・運営するWebサイトに掲載すること。
(2)他のユーザーが希望した場合、当該他のユーザーが管理・運営するココログ上に情報を掲載できるようにするための機能を提供すること。

|

2009.06.13

RX-78-2

耳の早い諸兄は当然ご存じかと思いますが、現在お台場潮風公園に1/1スケールのRX-78-2ガンダムが建造中です。

で、見てきました。

--------------------------------------------------

「ゆりかもめ」で 船の科学館駅に近づくと ・・・あれ?

090613gundam01

ガンダムだー!!

090613gundam02

事前に情報をキャッチしてたのに、数秒間固まってしまいました。

知らずに目撃したら、自ら精神科に駆け込むレベル。

--------------------------------------------------

で、潮風公園へ!

090613gundam03

わ、すんごい非現実的な光景。

設定通りなら、このガンダムの全高は18m。 およそ4~5階建てのビル並の高さです。なんか自然と頬が緩んでくる。

--------------------------------------------------

凄くリアル。 (これ以降の画像、全てクリック拡大です)

090613gundam04l

日本人が本気出すとスゴいな!

090613gundam05l

かっけー!

090613gundam06l

090613gundam07l

防衛省技術研究本部は一刻も早くガンダムの開発を!

090613gundam08l

北朝鮮がウラン濃縮・核武装宣言をした一方で、日本はガンダムを建造です。

日本人に生まれて本当に良かった!

090613gundam09l

よくよく考えるとこのブログ、カメラ・鉄道・ガンダムと、全然モテる要素がないな・・・ でもね、

30歳前後の男の7割はガンダム好きなんですよ!

090613gundam10l

参拝客のほぼ全員が良い笑顔。

090613gundam11l

この企画を出した人と承認した人に、金一封を贈りたい。

090613gundam12l

帰路のゆりかもめから。

090613gundam13l

これ、完成したら、頭部が可動・両眼両肩が点灯・バーニアからスチーム噴出のギミックがあるそうな。

『GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト』 は 7/11~8/31。

期間中にまた行きます。

-------------------------------------------------

8/19追記 : 本公開画像はこちら『お台場ガンダム特集』 ライトアップもあるよ!

more photo of Gundam >> 『Special number on the Gundam of Odaiba

|

2009.06.08

北海道・青森岩手行 08 (青森~盛岡)

今夜の宿、盛岡を目指して鈍行列車で 1720青森を発ちます。

090607hokutosei01

-------------------------------------------------

東北本線野辺地駅。

ここで函館発八戸行スーパー白鳥30号に追い越されます。

090607hokutosei02

-------------------------------------------------

1900、八戸駅到着。

ここからは『青い森鉄道』 & 『IGRいわて銀河鉄道』です。

090607hokutosei03

・・・のつもりでしたが、日和って東北新幹線。

東北本線 盛岡~八戸間は東北新幹線開通時に三セク化されており、盛岡~目時の岩手県側はIGRいわて銀河鉄道、目時~八戸の青森県側は青い森鉄道の経営になっています。

090607hokutosei04

青い森~銀河鉄道は乗換なしで八戸~盛岡まで行ける列車もありますが、その場合所要時間は約1時間40分で運賃は \3190。 東北新幹線はやての場合は所要時間が約30分で料金は \3410(立席特急券)。 外の景色が見られる昼間ならともかく、この時間に終点まで行くなら断然はやて・・・。

経営の苦しいであろう三セク路線になるべく金を落としたいのですが、ここはヘタりました・・・。

往路で北斗星乗ったから勘弁してください。(北斗星の料金には三セク区間分が含まれています)

-------------------------------------------------

で、盛岡駅。 恒例のはやて&こまちの合体です。

090607hokutosei05

IGR は Iwate Galaxy Railways。 もちろん宮沢賢治つながりです。

090607hokutosei06

-------------------------------------------------

翌日最終日、盛岡の街を散策です。

盛岡地方裁判所の石割桜。 花崗岩の割れ目から育った樹齢360年のエドヒガンです。

090607hokutosei07

地裁から徒歩10分で盛岡城趾岩手公園。

090607hokutosei08

5月でもまだ桜が咲いています。(画像クリックで拡大)

090607hokutosei09l

南部家42代 南部利祥(なんぶとしなか)の銅像、ですが戦時供出で台座のみです。

090607hokutosei10

利祥は元盛岡藩主の南部家当主。日露戦争へ陸軍騎兵中尉として従軍、24歳で戦死し、戦功を認められて功五級金鵄勲章が下賜されました。 当時の市民は、『戊辰戦争で奥羽越列藩同盟に与して朝敵となった盛岡の汚名を濯いだ』 として彼の死を悼み称え、5千名以上の賛同者をもって銅像を建造したそうです。

-------------------------------------------------

岩手銀行中ノ橋支店、1911年完成の国指定重文の建築物ですが現役で営業してます。

090607hokutosei11

-------------------------------------------------

盛岡都心循環バス『でんでんむし』で岩手医大方面へ。

『岩手』の起源、三ツ石神社です。

090607hokutosei12

神社自体は小さなものですが、その名の通り巨石があります。

三ツ石と鬼の手形伝説  昔、この地に羅刹なる鬼が暴れて民を脅かしていました。 困った 人々は三ツ石の神に祈り、鬼を捕らえてこの三ツ石に縛り付けました。 鬼は二度とこの地でやって来ないことを約束し、証文代わりに岩に手形を押して去っていきました。 この手形が岩手の起源となり、鬼がもう来なくなったこの地方を不来方(こずかた)と呼ぶようになりました。 ま、これも蝦夷征服の隠喩でしょうか。

ご覧の通りデカい。 残念ながら手形は磨り減って今は見られません。

090607hokutosei13

巨石信仰・縄文文化・ヤマト東征、ロマンだね。

-------------------------------------------------

三ツ石神社から徒歩5分、報恩寺です。

090607hokutosei14

1394年創建の禅寺で、石川啄木や宮沢賢治も訪れている古刹。

090607hokutosei15

ここは五百羅漢が有名なところ。 (画像クリック拡大)

090607hokutosei16l_2

フビライ・ハンとマルコ・ポーロの羅漢像が混じってるらしい。

羅漢  阿羅漢(アラハト)の略。 人の供養を受けるにふさわしい聖者のこと。 五百羅漢の五百は、八百万(やおよろず)や千本松などと同じで『非常に多い』という意味。 なので、「五百体も無いじゃん」 などと野暮なことは言わない方がよろしいかと。

-------------------------------------------------

盛岡駅へ戻って旧盛岡機関区跡地、SLの転車台が残っています。

090607hokutosei17

転車台は盛岡駅西口を出て左手へ徒歩5分、JR東日本盛岡運輸区の駐車場に侵入すると見学できます。(見学ルートや案内板等は一切ありません・・・)

この転車台は保存してあるというより、放置してある感じ。

090607hokutosei18

ルパン3世であったな、こういう車。

-------------------------------------------------

さて、6日間の旅も終わりが近づいてきました。

東北新幹線『はやて』で東京へ向かいます。(画像クリック拡大)

090607hokutosei19l

手前に連結されている『こまち』のドア下に飛び出ているのはステップ。

こまちはミニ新幹線なので、フル規格の新幹線ホームに入ると隙間が大きくなります。 このため、駅によってはステップがパタンと飛び出るようになっています。

-------------------------------------------------

盛岡から約2時間半、東京駅に到着。

さらに700系のぞみで名古屋へ。

090607hokutosei20

富士山を眺めて東海道を下る下る。

090607hokutosei21

-------------------------------------------------

1時間45分ほどで名古屋到着。

北海道で乗り鉄した後だと、新幹線の素晴らしさに涙が。・゚・(つД`)

090607hokutosei22

楽しかった! 次は最東端根室目指す!

おわり。

|

2009.06.01

北海道・青森岩手行 07 (旭川~青森)

翌朝、旭川を発ちます。

090531hokutosei01

旭川も札幌と同じく、近代に入ってから作られた街なので京都や北米のように道路が碁盤目状に 走っています。 浜頓別あたりは酪農中心の田舎町ですが、やはり街が整然としていてなんだか西部劇の雰囲気を醸しています。

-------------------------------------------------

特急を乗り継いで一気に青森へ。

クハ789系 スーパーカムイ14号、旭川900発~札幌1020着

090531hokutosei02

スーパーカムイは座席が豪華。

LEDヘッドマークに 『Airport』 と入っているのは、札幌~新千歳空港間で快速エアポート102号に切り替わるため。

-------------------------------------------------

キハ281系 スーパー北斗10号、札幌1037発~函館1350着

090531hokutosei03

指定席取れなかったけど、ギリギリ座れました。

-------------------------------------------------

モハ789系 スーパー白鳥26号 函館1354発~青森1541着

090531hokutosei04

これは前回乗って酷い目にあった奴。

鉄道だと、旭川~青森は6時間以上かかるのね・・・

以前にも書いたことありますが、車両型式のカタカナは
キ:気動車(ディーゼル機関搭載)、モ:電動車(モーター搭載)、ク:制御車(運転台付き)、サ:付随車(動力も運転台もなし)、ハ:普通車(旧3等車・イロハのハ)、ロ:グリーン車(旧1・2等車)、ネ:寝台車 など。
ただし、制御車のクは動力がある場合省略されることが多いです。

-------------------------------------------------

青森駅に着いたら明らかに空気がぬるい。 本州って、暖かいのね。

090531hokutosei05

これは前回乗り損ねたかもしか。 今回も乗りません。

-------------------------------------------------

で、青森で下車した理由はこちら、青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸を見学するため。

なんかしょっちゅう青森駅前に来てる気がするなぁ。

090531hokutosei06

こいつは前回前々回と見逃してるので楽しみ。

090531hokutosei07

-------------------------------------------------

八甲田丸のブリッジ。 操舵輪と羅針盤は漢のロマンよ。

船内には、石川さゆりの津軽海峡冬景色がエンドレスで流れています・・・

090531hokutosei08

船首方向にいる船は海上保安庁の巡視艇かな?

090531hokutosei09

えー、青函連絡船は貨車・客車を積載して航行していたので、鉄道に関する展示もあります。

090531hokutosei10_2

貨車のカタカナ記号一覧。

JRで使われている貨車
ワ:有蓋車 ト:無蓋車 セ:石炭車 ホ:ホッパ車 タ:タンク車 チ:長物車
シ:大物車 コ:コンテナ車 ク:車運車 キ:雪掻車 ヨ:車掌車 ケ:検重車
ソ:操重車 ヤ:職用車 ヒ:控車

以前使われていた貨車
ス:鉄側有蓋車 テ::鉄側有蓋車 ツ:通風車 カ:家畜車 ウ:豚積車 パ:家禽車
ナ:活魚車 ポ:陶器車 レ:冷蔵車 ミ:水槽車 リ:土運車 サ:工作車 エ:救援車

マニアック。

-------------------------------------------------

ブリッジからエレベーターで下ると車両甲板です。

船の中で鉄道車両を見学できるとは!

090531hokutosei11_3

DD16機関車と、最初期の特急気動車 キハ82。

090531hokutosei12_2

キハ82の先頭。

090531hokutosei16

-------------------------------------------------

かつてはこのように青森駅から連絡船まで線路で繋がり、

090531hokutosei13_2

船尾扉から格納され、

090531hokutosei14_2

この連結器で繋がれていたらしい。

090531hokutosei15_2

こーゆーのを実用化した当時の技術者に敬服。

-------------------------------------------------

漢のロマン、エンジンルーム!

090531hokutosei17

4ストロークディーゼルターボエンジン、1600馬力を8基搭載。

直列8気筒、かな?

そして、これまた漢のロマン、制御室。

090531hokutosei18

パンチカードがカタカタ出てくれば、完全に科学特捜隊の世界。

-------------------------------------------------

航海甲板。 煙突は展望台に改造されています。

090531hokutosei19

展望台から船首方向。

090531hokutosei20

左舷、青森ベイブリッジと青森県観光物産館アスパム。

090531hokutosei21

アスパムは 『うしおととら』 で、なまはげをバイクで撥ねたところとして有名。 たぶん。

摩周丸・八甲田丸と見学したので、次はお台場の羊蹄丸を攻めようと思います。

まだ、つづく。

|

« May 2009 | Main | July 2009 »