« 函館、角館行00 | Main | 函館、角館行02 »

2009.03.01

函館、角館行01

まとめ1。

2320高崎駅、上野発青森行き寝台特急あけぼのに乗ります。

090228hakodate01

ブルートレインは子供の頃に乗ったきりで20年ぶりくらいなんですが、この客車は30年間現役だけあって中は当時の記憶のままです。

090228hakodate02

B寝台の中。時間が時間なのでみんなお休みモードです。

090228hakodate03

B寝台の感想

・ 乗ったらまずベッドメーキング。意外と寝心地良い
・ 上段は窓が無くて外の景色が見られない
・ 荷スペースが殆ど無いので荷物が多いとつらい
・ 同じBOXにイビキな人がいる可能性があるので耳栓があった方が良い
・ 古い客車なので若干臭う
・ 始発から4人組で乗れば楽しいんじゃないかな

----------------------------------------------------

夜が明けて外は雪景色、ここは弘前~青森区間です。

090228hakodate04

弘前でだいぶ人が降りて広々。

090228hakodate05

090228hakodate06

----------------------------------------------------

956青森駅到着です。

大雪の中、仕事を終えたEF81が離れていきます。カッコええ(゚∀゚)=3

090228hakodate07_1024

クリックで拡大表示です。

----------------------------------------------------

24系客車と青森ベイブリッジ。

090228hakodate08

ホームから客車を移動するため、DE10ディーゼル機関車が連結
(゚∀゚)=3

090228hakodate09

機関車サイコー! ( ´∀`)

090228hakodate10

----------------------------------------------------

さて、半年ぶりの青森駅前。

ここから海路で函館へ向かいます。

090228hakodate11

青森駅からバスで10分ほどで道南自動車フェリー港です。

ターミナルで乗船手続きを済ませてさらにシャトルバスで数分、ようやく乗り込み開始です。

090228hakodate12

ぶっちゃけ、このフェリーは基本的にトラック野郎達のためのものなので徒歩客の事はあんまり考慮されてません。

なのでトラックがガンガン乗り込むハッチからてくてく歩いて甲板へ登ります。

090228hakodate13

出航! 左に見えるのは下北半島です。

090228hakodate14

今回乗った船は「えさん」、総トン数1998t 全長104m 航海速力17.5ノットの小型フェリー。

小型フェリーなので客室はこんなん。 自衛隊一個小隊(北空音?)と乗り合わせたので結構混み合ってました。

090228hakodate15

なお、このフェリーは2等人のみで\2,430 所要時間3時間40分(+手続き時間)、JRの特急スーパー白鳥に乗った場合は \5,340 1時間50分です。

たまたま乗った「えさん」はこんなんですが、「びなす」「びるご」あたりなら上等な客室もあるみたいです。

「えさん」は売店もなくて、自販機(冷た~いのみ)しかないのよね・・・

昼飯調達し損ねてたのでちょっと悲しかったです。 自衛官さんの食べてた戦闘糧食がすげえうまそうでした・・・ (´-ω-`)

----------------------------------------------------

青森湾を抜けて海峡へ出ると揺れが大きくなります。

↓傾いて見えますが水平に撮った写真。

090228hakodate16

上野発の夜行列車~、からなので脳内BGMは津軽海峡冬景色(石川さゆり)。

----------------------------------------------------

函館山が見えてきました。

090228hakodate17

入港直前。 「びなす」が係留されてます。

090228hakodate18

函館上陸。 トラック野郎達が続々と出撃していきます。

( ゚Д゚) < 文太、いきまーす!

090228hakodate19

----------------------------------------------------

青森もそうですが、函館も港と駅が離れているのでバスかタクシー、市電で15分ほど移動です。 めんどいので今回はタクシー。

青函連絡船をモチーフにしたJR函館駅。

脳内BGMは、函館の女(北島三郎)。 は~るばるきたぜ函館~!!

090228hakodate20

函館の街は路面電車が安くて便利。

090228hakodate21

つづく。

|

« 函館、角館行00 | Main | 函館、角館行02 »

道中記 本編」カテゴリの記事